読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-放浪腐女発酵観察日記- ブログ版

オタな海外放浪貧乏旅行者の腐女子覚醒日記。SF,ロボット、天文好きな皆既日食ハンターの筈が、ある日うっかり腐海に墜落。やおい免疫あったが仇のBL大発症。急遽、隔離病棟設置。こちら腐れ外道blog。 ダダ漏れ萌えと、オタク独り語り、阿呆バックパッカー海外貧乏旅行バカ話しか御座いませんが、お暇ならごゆるりと(^_^;)  ★はてなダイアリーがメイン。こちら同記事の予備です(๑╹◡╹๑) http://d.hatena.ne.jp/kokuriko-fufu/

BS2にて、演劇 トーマの心臓 再放送

kokuriko-fufu2010-09-01

BS2にて、演劇 トーマの心臓 再放送





トーマの心臓2 萩尾望都Perfect Selection 2 (フラワーコミックスペシャル)

トーマの心臓2 萩尾望都Perfect Selection 2 (フラワーコミックスペシャル)


先日、BSHiで放映されてた、演劇 トーマの心臓  
スタジオライフ公演 萩尾望都原作 
BS2 プレミアムシアターにて、再放送があります。
9月6日(月)【5日(日)深夜】 午前0時40分〜3時35分 BS2
  NHK プレミアムシアター 詳細


BLと断言してよいのかわかりませんが、少女漫画において少年を描いてこれ以上の作品はないという名作。私は、出会った時期が少し遅くて(10代に出会いたかった! 作品は知ってたんだけど、なぜか縁遠かったんだよな)、おそらく良い読者ではありませんでしたが‥‥それでも、別格の作品。

トーマの心臓1 萩尾望都Perfect Selection 1 (フラワーコミックススペシャル)

トーマの心臓1 萩尾望都Perfect Selection 1 (フラワーコミックススペシャル)

私は先日の放映を録画したまま、まだしっかりは見ていないので、お薦めかどうかは謎ですが、何度か再演されてて、なかなか完成度の高いお芝居のようです。良い意味で少女漫画的であり、人間臭さのない舞台という評判を聞きましたが‥‥、うん、まずは見てみよう。

そして、こちらの森氏の小説版も、レビュー書きたいと書いて、そのまま……(O_O`) 原作ファンには賛否両論あるようですが、わたしはとても床しい小説だと思いました。このマンガを小説化すること自体、文章家としての野心というか業、いや、矜持を感じるし、大変な挑戦だと思う。けれども、言葉という武器を持って原作の真髄に肉薄するというより、ひざまずいて許しを請うた、敬虔な信徒による美しく心優しい挫折の書‥‥そんな読後感でありました、個人的に。森氏の文章には確かに萩尾さんの世界を描くに相応しい謙虚さと透明感がある。再読して挑戦しよう。ええ、原作も読み直さねば。大事な作品だからこそ、不用意に触れるのが恐いんだけれども。

こころ (新潮文庫)

こころ (新潮文庫)

それとは別に、以前もちょろっと(『新説・こころ』のとこで)騒いでおりましたが、文豪夏目漱石の「こころ」、この文学の名作が、この「トーマの心臓」の源流である気が、私はどうしてもするのです。ヘルマン・ヘッセは別格として。
(そうでなくては、このタイトルは「心臓」ではなく、「トーマの翼」であるべきではないだろうか? これは「トーマのこころ」つまり、萩尾望都の「こころ」なのでは?)


同じ友の自死を描きながらも、漱石の暗く救いのないネガのような小説が、萩尾望都の天性の才能をくぐって、輝くようなポジに、美しい色彩写真に生まれ変わり、漱石が書こうとして、どうしても描けえなかった“結末” (「こころ」という小説はは未完と言って過言でない箇所で終わります)に、終に“救済”へと辿り着いたのではないか‥‥。明治の終わりから昭和へと長い時をかけて。

訪問者 (小学館文庫)

訪問者 (小学館文庫)

なぜ「こころ」のKは死んだのか、そして、その美しい転生の姿である(だろう)トーマとユリスモールのふたり、その魂の片割れは、なぜ死を選ばねばならなかったのか‥‥そんな風に二つの物語を行き来しながら、読み解いていけたら、きっと面白いし、双方ともより深く読めるだろ〜なぁって思ってるんだけれど、どちらも名作だけに歯が立たなくて(^-^; でも、「こころ」の読後に残る不可解さを、萩尾さんの力を借りて、今一度見つめてみれば、きっと今までとは違うものが見えると思うんだ。
ヘルマン・ヘッセ全集〈4〉車輪の下・物語集2(1904‐1905)

ヘルマン・ヘッセ全集〈4〉車輪の下・物語集2(1904‐1905)

もちろん、ぜんぶ私の勝手な妄想ですけど、考えてると、とまらない(^-^;)  まとまるようでしたら、そのうち書かせてもらお。




‥‥あ、ようつべに、予告映像がありました。ぺったん。


ぽちとな有難う御座いますm(_ _)m