読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-放浪腐女発酵観察日記- ブログ版

オタな海外放浪貧乏旅行者の腐女子覚醒日記。SF,ロボット、天文好きな皆既日食ハンターの筈が、ある日うっかり腐海に墜落。やおい免疫あったが仇のBL大発症。急遽、隔離病棟設置。こちら腐れ外道blog。 ダダ漏れ萌えと、オタク独り語り、阿呆バックパッカー海外貧乏旅行バカ話しか御座いませんが、お暇ならごゆるりと(^_^;)  ★はてなダイアリーがメイン。こちら同記事の予備です(๑╹◡╹๑) http://d.hatena.ne.jp/kokuriko-fufu/

装甲騎兵ボトムズ:孤影再び 試写会感想 (1)昔話編 ベイルートとカンボジアで(^-^;

kokuriko-fufu2011-01-06


装甲騎兵ボトムズ:孤影再び 
試写会感想 (1)昔話編(^-^;
 ベイルートとカンボジア


1月8日土曜日より、装甲騎兵ボトムズ』:孤影再び 上映が始まります。
試写会感想、物凄く遅れました。年を越してしまいました。サンライズさんになんとお詫びしたら。o(_ _ o;) ええ、とても面白かったというのに。放映当時からの古参ファンだけど、再びキリコに惚れ直したわ。

いつもあなたが

いつもあなたが

んでも、読んで下さる人、殆どがキリコって誰?‥‥なこのblogで、ボトムズって、どんなアニメ? って聞かれて、どう答えよう。この作品がどんな手触りを持ってるか。初回放映1983年、当時流行のロボットアニメのひとつなんだけど、今でも根強いファンがいて、私の中でも少し特別な位置づけがある。そうだな、来週もキリコと地獄に付き合って貰‥‥いへ、年寄りの昔話、ちょいと付き合って貰おう(笑) って、本当に無駄話なので、ご退屈なかたはスルーで、9日づけの本編感想へどうぞww
 >>『孤影再び』試写会感想(2) 本編 

戦火の4都市―エルサレム・ベイルート・バグダード・クウェート

戦火の4都市―エルサレム・ベイルート・バグダード・クウェート

多少若くて途轍もなく馬鹿だった頃、ふらりと訪ねた瓦礫の街。かつては中東のパリと呼ばれたベイルート。内戦は5,6年前に終結、しかし復興は始まったばかり。崩れ残った灰色の市街に人々の活気がようやく芽吹いてきた、そんな雰囲気に惹かれてしばらく住み着いた。街に溢れる兵士と銃、裏通りには装甲車。一見美しい商店が並ぶ銀座通りも、少し視線を上げれば、2階屋上は凄まじい銃痕と爆撃跡を残してた。隣国からの哨戒機は毎日頭上の空を切り裂いて飛んでいたし、対空射撃か、真夜中まで高射砲の音が鳴り止まない夜もあった。、南部ではまだ空爆が続いてた。
「ミサイル飛んできたら、なるべく丈夫な建物に入って終わるまで出ちゃダメよ」とか、ご近所に注意されたり(^-^;。でも明日が無いかもと思うと、日本での不眠症が嘘のように毎日よく眠れた。若さって馬鹿ささ。
超時空要塞マクロス

超時空要塞マクロス

VIZA期限と物価の関係で、隣国に居を移す事にした数日前。テレビで超時空要塞マクロスが始まって仰天。Σ(@△@;) 画面の中で微笑むリン・ミンメイが何語でしゃべってたか記憶に無い(多分、フランス語版『Robotech』か?)んだけど、この内戦の記憶も生々しい国で、平和日本で作られた戦争アニメが一体、どういう風に受け止められるのか? 面白いと思うのか、SFといえど戦闘描写に抵抗無いのかどうなのか、物凄く知りたくて、立ち去りがたかったのを憶えてる。オーバーステイで捕まってもいいから、語学クラスで知り合った子達に聞いてみたかった。泊めてくれた南部の家族、2ヶ月前に爆撃で家族を亡くし怪我をしたあの子は、これを楽しめるんだろうか? 日本のアニメって届くのかな。本物の戦争の中に。

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI

それから暫くして。嘘か本当か、内戦治まらぬカンボジア装甲騎兵ボトムズが放映されてたという噂を聞いた。アジアの安宿でだったか。岡田斗司夫氏も著作に書いてるし、今はネットでも有名な話だけど、放映時間になると、自宅にテレビなんかない子供たちが、銃撃戦を潜り抜けて街頭や電気屋のテレビの前に集まるのだそうだ。すごい。よりによってカンボジアボトムズクメール・ルージュの。 やっぱりクメン編が人気だったのか(^-^; どうゆうルートで放映決まったんだろ?(^-^; 
カンボジア大虐殺は裁けるか―クメール・ルージュ国際法廷への道

カンボジア大虐殺は裁けるか―クメール・ルージュ国際法廷への道

日本放映当時、〝リアル・ロボット路線〟と呼ばれていたボトムズが、戦時下の国でも果たして〝リアル〟だったのか、どういう受け止め方をされてたのかは判らないけど、少なくとも戦火を体験している子供たちには「命かけて観る価値」があったんだ。アニメってそこまでの魅力があるんだ。彼らにも届くんだ。なんだか奇妙にほっとした覚えがある。(マクロスがどーたったかは知らないが。でも内戦中もずっと音楽と踊りを忘れなかったレバニーズには、きっと愛されたことでしょう。やつらは命がけで遊ぶからw) 今回、『孤影再び』を観て、久しぶりに思い出したことけど。うん、ボトムズってそういう作品。
装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [DVD]

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [DVD]

‥‥って、判るか、こんな話で!  (ノ`Д´)ノ彡┻━┻.。゚+. すみません。久しぶりに、ムセる感じを思い出したかったのサww(゚ ゜;)バキッ☆*θ(- - ;)   明日はまじめにアニメの感想書きまーす!.。゚+.(・∀・)゚+.゚w


 『孤影再び』試写会感想(2) 本編